越川医院 公式ホームページ|
香取市周辺で小児科・内科のことなら

〒287-0003
千葉県香取市佐原イ753
0478-52-5202

越川医院へようこそ!!

地域医療(子育て・健康支援・社会福祉)を考え、

病気や治療をわかりやすく説明し、

こどもたちにやさしく、ご家族も通いやすい環境を。

一般診療
8:30-13:00
15:00-17:00

休診日:日曜・祝日

▲...8:30-12:00

越川医院 公式ホームページ|
香取市周辺で小児科・内科のことなら

一般診療

 
8:30-13:00
15:00-17:00

休診日:日曜・祝日

▲...8:30-12:00

バナー

当院の感染対策について

 当院は県立佐原病院と連携し、《感染対策向上施設になっています。

マスク・手消毒の徹底
②車で来院された方は、3密対策のため、原則、自車での待機(呼び出しベル)
最近3週間以内に普段と違う症状のある方は院内に入らず事前に電話連絡

 ① 0478-52-5202
 ② 0478-54-1200

をお願いしています。

時代(ウィズコロナ)に合わせた形態に変化しながらも、院内では昔と変わらずに安心安全信頼を提供できる場として、診療/待合場所3つに分けています。(一般外来コロナ外来コロナ以外の感染症)。

詳細は下記のページでご確認ください。

お知らせ

    • 2024.04.25
    • 重要なお知らせ

    パート・スタッフ募集

    明るく元気な働ける方を大募集しています。初めての方も丁寧にレクチャーするのでご安心ください。

    受付事務看護師(准・正)を各々1名ずつ募集しています。
     ※詳しくは、ホームページの求人案内をご覧ください。

    • 2024.04.15
    • 一般のお知らせ

    令和6年度 香取市特定健診が始まります。

    令和6年5月13日(月)から 香取市特定健診が受けられます。

    神崎町の方も7月1日(月)から当院でも特定健診できます。

    • 2024.03.17
    • 一般のお知らせ

    令和6年度 帯状疱疹 香取市予防接種費用助成

    令和6年4月1日(月)から帯状疱疹ワクチンの助成が受けられます。
     ①香取市に住民登録がある満50歳以上の方
     ②満18歳以上で免疫機能低下症がある方
      ※神崎町の方も令和5年1月より助成が受けられます。

    • 2024.03.21
    • 一般のお知らせ

    大先生が卒寿を迎えられました。

    令和6年3月21日(木)に大先生(越川 健夫医師)が満90歳になり、令和4年4月の旭日双光章叙勲に続き、千葉県内現役 外来医師として最高齢になりました。

    • 2024.03.17
    • 一般のお知らせ

    ホームぺージをリニューアルいたしました

    令和6年3月18日(月)に、ホームぺージをリニューアルいたしました。また、こしかわ眼科のホームページもリニューアルしました。

     この機会にWEB予約システムも、優先者WEB予約未就学のお子様・遠方の方・療育手帳をお持ちの方など)としてリニューアルしました。

ホームページ リニューアル

改めまして、こんにちは。

令和6年3月18日(月)に、ホームページをリニューアルし、この機会にWEB予約システムも、優先者WEB予約未就学のお子様・遠方の方・療育手帳をお持ちの方・/車椅子の方など)としてリニューアルしました。

当院は昭和42年9月12日に開院し、R6年1月現在で56年と古い歴史のある病院ですが、私共、兄弟3人は香取市内で各々クリニックを診療・経営しており、各々の病院の違いが分かりにくいため、当院の特徴をわかりやすくお伝えするために、改めてHPを作成した次第です。

令和2年からコロナ禍となり、日頃から苦労されている方も多いと思われます。小さなお子様、妊婦の方、ご高齢の方、院内感染が怖いと思ってらっしゃる方こそ、当院は院内感染の対策に、さまざまな工夫に取り組んでいますので、自信を持ってお勧めします

越川医院 院長越川 義章

越川医院の4つの特徴

① 感染対策の充実

当院では、一般診療の方と感染症外来の方が接触しない様に、診療時間/待合場所分けています
また、感染力が非常に高く、院内感染の原因となるCOVID-19感染症は、院外の検査/診察/会計場所で診療しています。

時代(ウィズコロナ)に合わせた形態に変化しながらも、院内では昔と変わらずに安心安全信頼を提供できる場として、診療/待合場所3つに分けています。(一般外来コロナ外来コロナ以外の感染症)。

② 徹底した待ち時間対策

当院では、年齢・ADL・認知度・仕事など様々な事情も加味しながら、院長自ら予約管理をし、1時間あたり12名(多い時で15名)予約人数に制限しています。仕事で不規則な方や臨時の用事にも対応できるよう配慮しておりますので、ご安心ください。

院外薬局であれば、受付・調剤待ちに多くの時間を費やすところ、院内薬局である利便性を最大限に活かし、来院する前に予想しうる薬を調剤し(※診察時に変更の場合もあり)ご用意しておくため、大幅に待ち時間の削減をしています。事前に調剤することで、薬の在庫切れを事前に対処し、患者様の2度手間のないようにも配慮しています。

隣接する「こしかわ眼科」に通院する患者様にも、相互に受診する際に、無駄な待ち時間がない様に、医師・スタッフが誘導してくれます。

③ 時代を先取りした診療体制(診察・院内薬局)

自己負担の軽減のために、特定健診職場検診ドックの結果を積極的に採用し、その他の時期の検査は、迅速かつ遅滞ない様に院内検査で実施し、適切なフィードバックを心掛けています。また、検査部門では、大腸鏡を除く内科管理に必要な各種画像検査(X線・胃内視鏡・超音波・CT・MRIなど)を院内で検査でき、他施設への紹介せずとも診断再評価できる体制を整えています。

院内薬局だからこそできる、患者様一人一人に合わせた、長期・生涯内服する上でも安全な薬を迅速に提供しています。また、院外薬局では別途加算される服薬歴管理加算などを、院内薬局であれば省くことができ、さらに自己負担減に貢献しています。

④ 優先者への福祉サービス

当院は、老人ホームや障害支援施設の方と関わり合い、社会福祉の考えから、多くの方が気兼ねなく通えるよう医院を目指しています。(※『福祉』:みんなのしあわせ)

感染症外来につきましては、別途、優先者WEB予約杖歩行車椅子など)を開設しましたので、お困りの際はご利用ください。

各市町村役場と連携し、適切な時期に介護保険を導入し、公的福祉サービスを受けられる様に取り計らっています。高齢者福祉課や包括支援センターの会長職も担っており、高齢に伴う難題を、市役所の会議や臨床の場においても、本人やご家族だけで抱えることなく、社会全体で共有し協力できる体制を支援しています。